週末のセックスライフにはシアリスを!

シアリスは長時間ジワジワと効く特徴を持っているので、週末の性行為に向いていると言われています。薬の持続時間としてはおおよそ服用後36時間まで有効性があるので有効に使える夢のようなED治療薬です。

シアリスと漢方で男のEDを治す

男のED(勃起障害)の治療の方法には、シアリスや漢方を使った方法があります。
シアリスは第三のED治療薬として登場した薬で、副作用のリスクが低い、食事の影響を受けにくい、効果持続時間が長い、という3つのメリットを持っています。
従来までのED治療薬と効くメカニズムは同じで、勃起を抑制するPDE5という酵素の働きを抑えてペニスの血流を良くすることにより、正常な勃起を促します。従来までの薬は効き目が強すぎて、ペニスが硬くなりすぎて女性器に挿入しづらいという問題点がありましたが、シアリスはそれよりも効果がマイルドに抑えられているので、自然な硬さを維持出来ます。
シアリスを使った治療以外には、漢方治療があります。漢方というと男の人よりも女の人が使うイメージがあるかもしれませんが、男のED治療に使える漢方も存在します。
東洋医学では、EDは「腎」の機能が低下した状態ととらえます。東洋医学で言う「腎」とは、腎臓だけではなく膀胱、泌尿器、なども合わせた生殖器も含めます。「腎」の機能は加齢とともに弱ってきます。
なので、加齢に伴うEDには「腎」の働きを活性化させたり機能を補う、「補腎薬」という薬を用います。これにより「腎」の機能が回復して、EDが改善したり、精子の数を増やす事が出来ます。
心因性のEDに対しては、精神を安定させるような漢方を用いることもあります。
ED治療に使われる漢方として代表的なのは、ダイサイコトウ、サイコカリュウコツボレイトウ、ロクミジオウガン、ホチュウエッキトウ、ケイシカリュウコツボレイトウ、カイマホジンガン、ジンバホジンガン、などです。
自分のライフスタイルや目的によって使い分けてみましょう。